ストロングハート・プラス

ストロングハート・プラス

フィラリア予防薬として有名なカルドメックチュアブルのジェネリック医薬品であるストロングハート・プラスはカルドメックチュアブル同様、チュアブルタイプのフィラリア予防薬です。

ミートフレーバー付のチュアブルタイプであるため、愛犬におやつ感覚で投与できるのがスロトングハートの特徴です。 これまでの錠剤タイプのお薬が苦手だったというわんちゃんに相性がいいです。

ストロングハート・プラスの有効成分はイベルメクチンと、パモ酸ピランテルとされ、イベルメクチンはフィラリア幼虫を殺虫し、パモ酸ピランテルは胃腸に寄生する鉤虫や回虫といった内部寄生虫の駆除をしてくれます。

フィラリア以外にも、体内の寄生虫を駆除してくれるのが、このストロングハート・プラスなのです。

またストロングハート・プラスは、ジェネリック医薬品ですので、先発医薬品である「ハートガードプラス(カルドメック)」と比べ、半額以下で購入できるので経済的です。

ストロングハート・プラスの使用方法

犬や猫のペットに使用できるフィラリア治療薬で、世界的なブランドと同一成分を使用したジェネリック医薬品です。

主成分はイベルメクチンとパモ酸ピランテル、フィラリア症を予防するだけでなく消化管内線虫の駆除も行います。

錠剤はチュアブルタイプとなっており、使用方法は餌に混ぜて食べさせるだけとなります。

ペットは薬を飲むのが苦手な傾向にありますが、嗜好性の高いミートフレーバーなので食事に混ぜても気付かれることなく投与できます。

効果は1ヶ月継続するので予防薬として使用するなら毎月1回の使用で十分です。

ストロングハート・プラスにはペットの体重別に販売されており、大型犬、中型犬、小型犬用と複数種類があるため、体重を調べてから購入する必要があります。

ストロングハート・プラス使用時の注意点

ストロングハート・プラスは犬に多く発生する病気の一つであるフィラリアの予防薬として使用されます。

カルドメック錠が世界で初めて販売されたフィラリアの予防薬ですが、ストロングハート・プラスはカルドメックのジェネリック医薬品として知られています。

有効成分にはイベルメクチンが含まれています。

愛犬の血管の中に入り込んでしまったミクロフィラリアと呼ばれる糸状の虫の幼虫を殺してくれる働きがあります。

ほかにパモ酸ピランテルという成分も含まれており、こちらも寄生虫を駆除してくれる作用があります。

注意点についてですが、犬によって吐き気・痒み・めまいなどの副作用があります。

基本的には安全な薬ですが、副作用については注意しておくようにしましょう。

このページの先頭へ