ペットの病気

犬や猫などのペットにかかりやす病気の種類としては、皮膚炎となります。

皮膚炎はノミや菌、シャンプーなど様々な原因がありますが、薬で対処することができます。

薬にも、症状によって効き目が違ってくるため、症状に適切なものを選びたいという方は動物病院に行って処方される薬を使ったほうが安心できます。

費用を抑えるために、人間用の皮膚炎のお薬を使うという方がいますが、ペットにも使うことができるとされています。

ただ、不安な方はペット用の薬を使ったほうが良いでしょう。

フィラリア

フィラリア

犬や猫と生活を共にしている方なら一度は耳にしたことがあるであろう「フィラリア症」という病名。
正しい予防をしておかなければ、命にもかかわる危険な病気「フィラリア」。

このページでは、フィラリアが何たるかについて解説します。

ノミ・ダニ

ノミ・ダニ

犬や猫を飼う方にとって、切っても切れないのがノミ・ダニの駆除です。

このページでは、ノミ・ダニの感染経路や、症状、駆除方法について解説します。
大切な愛犬・愛猫のためにも厄介なノミ・ダニはきちんと予防・駆除をしてあげましょう。

内部寄生虫

内部寄生虫

代表的なものに、フィラリア症があげられる内部寄生虫とは、その名の通り体内へ寄生をする寄生虫のことです。

有名な内部寄生虫では、腸へ寄生する回虫や、人に感染するものもいる鉤虫、 サナダムシとも呼ばれ小腸に規制する条虫などがあります。

外部寄生虫

外部寄生虫

代表的なものに、ノミ・ダニなどがあげられる外部寄生虫とは、 その名の通り身体の表面へ寄生をする寄生虫のことです。

有名な外部寄生虫では、マダニや、ツメダニ皮膚炎、ハエウジ症などがあり、感染症を媒介する危険もあります。

このページの先頭へ