フィラリア

フィラリア

フィラリアは、犬の体内に寄生する寄生虫の一種です。

放置すると死に至る危険もあるため、予防薬の投与はペットの健康を守るために必須といえます。

フィラリア予防薬の種類は、犬の体重によって変わってくる傾向があります。

大型犬用・中型犬用・小型犬用の3種類があります。

また、投薬方法によっても変わってきます。

錠剤・チュアブルタイプ・スポットタイプ・注射などの種類があります。

最も人気の投薬方法はチュアブルタイプです。

フィラリアは寄生虫による病気

フィラリア

フィラリア症とは、犬が感染する病気です。

フィラリアとは寄生虫の一種で、犬糸状虫とも呼ばれます。

糸のような細長い姿の虫で、犬の体内に入って成長し、心臓や腎臓などの臓器を蝕みます。

感染して間もない頃は症状がみられません。

数年経ってから、元気がなくなるなどの症状があらわれます。

フィラリア病は予防薬を適切に摂取することで、ほぼ感染を防ぐことができます。

一方で予防しなければ感染する可能性が高く、犬の寿命を大きく縮める病気です。

フィラリアの症状

代表的なフィラリアの初期症状を紹介します。

  • 咳が出る
  • 元気がない
  • 急に年老いた
  • 散歩を嫌がるようになった
  • 食欲がない
  • 吐いてしまう
  • お腹が妊娠したように大きくなってきた
  • フラフラする
  • たおれる
  • 赤い尿が出る

犬がフィラリアに感染しても、症状はすぐには現われません。

多くの場合には数年の潜伏期間を経て発症しますが、飼い主が気づいた時にはすでに重症ということも多いです。

初期の症状は、毛のつやがなくなり抜け毛が多くなる、運動後でもないのに息が荒くなるなどです。

進行すると、元気がなくなるので散歩を嫌がったり、散歩の途中で座り込むこともあります。

さらに進むと寝てばかりで食べたがらない、食べても嘔吐するなどの症状が現れ、血尿や貧血も起こります。

最終的には多くの臓器が機能不全になり苦しんで死亡します。

フィラリアの予防

フィラリアは、蚊の吸血によって観戦する寄生虫で、感染すると、様々な体調不良を引き起こします。

特に蚊の媒介が増える春頃から秋頃までの感染率が高くなります。

フェラリア予防方法で高い効果があるのは、動物病院で検査を実施し、陰性であることを確認した後にフィラリア予防薬を投与することです。

肩甲骨に滴下するスポットタイプ(塗布薬)や、年に一回の注射薬、月一回の内服液がありますが、主流となっているのは、月一回の内服液になります。

フィラリア予防薬

ストロングハート

フィラリアを予防するフィラリア予防薬には、錠剤のタブレットタイプ、 おやつ感覚で与えられるチュアブルタイプ、首の後ろに垂らすだけのスポットタイプと、種類があります。

フィラリア予防薬は、できるだけ安価に手軽に購入できる個人輸入薬がおすすめです。

このページの先頭へ