フィプロフォートプラス

フィプロフォートプラス

フィプロフォートプラスはスポットオンタイプのノミ・ダニ駆除薬で、マダニの殺虫効果もほぼ100%と高く、48時間以内に駆除することができます。
フィプロフォートプラスは一度使えば、駆除効果が1ヶ月間が続き、効果が長持ちすることも特徴です。

確実な効果を持ちながら、安全性が高いことも特徴で、妊娠中や、授乳期の母犬や母猫、生後8週齢からの子犬や子猫へもフィプロフォートプラスは投薬が可能です。

フィプロフォートプラスの投薬方法は非常に簡単で、肩甲骨の間にたらすだけでOKです。
滴下後、皮膚の下の皮脂腺を有効成分のフィプロニルが流れ、被毛や体表に分布し、ノミやマダニの中枢神経にのみ強く作用します。

フィプロフォートプラスの使い方

フィプロフォートプラスは、ノミやマダニ薬として定番のフロンントラインプラスのジェネリック薬です。

使用方法は、肩甲骨(首の後ろ)に垂らすだけという簡単な方法で投与でき、使い易いことから人気が高いです。

投与する際には、毛を掻き分けて、皮膚に直接ピペットをあてて液を搾り出します。

しっかりと皮膚に付くようにしましょう。

ノミやダニを駆除に即効性があり、24時間~48時間程で駆除することが出来ます。

有効成分に含まれているフィプロニルが皮膚のしたにある皮脂線に流れ、体毛や被毛ないのノミやダニを駆除していき、効果も約1ヶ月続き、その効果も100パーセントとかなり高いことから、愛犬の健康を守るのに大活躍してくれます。

フィプロフォートプラス使用時の注意点

フィプロフォートプラスは首筋に垂らすだけで簡単にハジラミ、シラミ、マダニ、ノミといったペットに寄生する成虫を駆除する薬となります。

また成虫だけではなく孵化する前の卵や発育も阻止して、再寄生も予防してくれますので万能的に利用する事が可能です。

フィプロフォートプラスの使用方法は月1回肩甲骨の間にスポットしてあげるだけでよく、屋内で飼っている場合は時期に関係なく周年投与すると良いでしょう。

注意点としましては周年投与しない場合は3月から12月の間に毎月投与しますが、これは時期の問題ではなく気温が13度以上の時に与えるものになります。

ノミやダニは暖かい季節に繁殖しやすいので室内飼育の場合は冬の時期でも薬を投与する事が大事です。

このページの先頭へ