ストロングホールド

ストロングホールド

ストロングホールドはスポットオンタイプのノミ・ダニ駆除薬です。

小さな犬に対しても簡単に投与することができる一回使い切りのプラスチックチューブ入りの滴下式です。

ストロングホールドは、一度使うと1ヶ月間効果が続き、駆除効果が長持ちなのが特徴で、成虫・幼虫駆除、殺卵(孵化阻害)の特性をもち、処置後3週間は殺卵剤としても効果を発揮してくれます。

ノミアレルギー皮膚炎の治療の一部として使用されています。

ストロングホールドの滴下後は、ストロングホールドの殺卵・幼虫駆除の特性によりペットがノミのいる環境に近づいてしまっても、ノミの寄生を防ぎます。

ストロングホールドの使い方

ストロングホールドは、犬や猫のためのヨーロッパ製フィラリア予防・害虫駆除薬です。

使用方法は、月に1回のペースで、犬や猫の背中の毛の間に丁寧に塗りつけていきます。

塗り始める前に、よく洗ってきれいにしておくのが良いでしょう。

ストロングホールドは1回の使いきりタイプですので、薬が全部なくなるまで、背面にまんべんなく塗っていくようにします。

薬がよく浸透するように、1~2時間くらいは塗った箇所を触らないようにした方が良いかもしれません。

この薬を塗ることで、1ヶ月間はノミやその他の害虫が毛の中で孵化するのを防ぐことが出来ます。

この薬は、内部寄生虫と外部寄生虫の両方に有効ですので、手間がかからず大変便利です。

ストロングホールド使用時の注意点

ストロングホールドは、犬や猫に寄生する糸状虫であるフィラリアの予防薬です。

定められた場所への皮膚滴下で投与出来る事から使用し易い上に、ペットの体重に応じた量を1ヶ月に1回投与するだけという手軽さが魅力の薬です。

類似の薬剤と比較した場合、ストロングホールドにはダニの駆除効果も併せて発揮されるという特徴があります。

但しこれについては注意点があり、マダニの駆除には効果が無いという点です。

従ってマダニの媒介を起し易い室外飼育の場合、並行してのダニ対策も必要とされます。

また厚生労働省の未承認薬である為、購入は個人輸入にて行う必要があります。

病院処方の薬剤と比較して価格は大幅に安くなりますが、副作用が万が一出たような場合については個々人での対処が求められます。

このページの先頭へ